【ニュース】セキュリティトークン取引所のOpen Financeに2つのトークンが正式上場

セキュリティトークン取引所のOpen Financeに2つのトークンが上場されました。
今までもセキュリティトークンのSTO(プライマー市場)はありましたが、正式な取引所(セカンダリー市場)はなかったので、画期的な出来事なのではないでしょうか。

上場した2つのトークンは、Blockchain CapitalとSPiCE VCです。

ちなみに、Blockchain Capitalは12月13日に上場していますが、12月15日現在の取引実績数は、以下のキャプチャの通り、まだ6件のみとかなり板が薄いです。
STOで購入したアメリカのReg Dの投資家はロックアップ期間中なので、一部の海外投資家が売り出しているのでしょうか。

グローバルでの法規制対応の透明性と自動化による資産の流動性向上が、既存の有価証券をトークン化したセキュリティトークンの目的だと思いますので、それまでの道のりはまだ遠そうです。

とはいえ、「2019年はSTOの年」と言われている通り、
著者は、2019年では少なくとも数百件以上のSTOが行われると思います。

その画期的な第一歩です。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です